パーソナルスタイリストの河野さおりです。

年齢や体型の変化などから
自分の似合うファッションがわからなくなったり
本来の『自分らしさ』を見失ってしまうことってありますよね。
It's so you stylingではトレンドに流されない『自分だけの定番アイテム』や
あなたの個性を活かしたスタイリングをご提案いたします。

*今までいろいろな診断を受けてみたけれどなんだか腑に落ちない、結果を活かしきれない。
*洋服はたくさん持っているのに着こなし方がわからない。
*少ないアイテムですっきりしたワードローブを作っていきたい。
*変わりたいけれど最初の一歩が踏み出せない。など、
是非あなたのお悩みをお聞かせ下さいね。

~It's so you styling で『あなたらしいスタイル』を一緒に見つけてみませんか?~

【服装心理診断】で『診断ジプシー』から抜け出せるかも?!

服装心理診断

お洒落に困っている方は
体型診断、骨格診断、パーソナルカラー診断などの
いろんな診断を受けて
『自分に似合うもの』を知ろうとしますよね。

    

「~タイプなら、この形の服が似合いますよ!」

「ベストカラーはこの色ですよ!」

って、『似合う』ものを教えてくれるファッション系診断。

     

でもね、
それだけでほんとに自分の求める物を得られましたか??


 

こんにちは。パーソナルスタイリストの河野さおりです。

 

自己紹介はこちらです↓

【河野さおり プロフィール】
年齢や体型の変化などから自分の似合うファッションがわからなくなったり本来の『自分らしさ』を見失ってしまうことってありますよね。It's so you stylingではトレンドに流されない自分だけの定番アイテムやあなたの個性を活かしたスタイリングをご提案いたします。
  

   

『診断を受けたのに。結局、結果が腑に落ちなかった。。。』
『診断結果を自分には活かす事が出来なかった』

 という人もいるのではないでしょうか??

中には、何度もいろんなカウンセリングを受けて
『診断ジプシー』になっている方もいるかと思います。
(ちなみに私のお客様には診断ジプシーの方がとても多いです)

   

では、なぜそんなことがおきてしまうのでしょうか?

  

診断ジプシーに陥る3つの理由 

例えば、
骨格診断を受ければ「似合うデザイン」がわかります。
パーソナルカラー診断なら「似合う色」がわかりますよね?

   

でも残念ながら
似合うものがわかっただけじゃ、
本当に自分が求めるファッションにたどり着けないのです。

なぜなら、人の性格による『3つの違い』があるからです。

  

①『おしゃれに何を求めるか』

  

人の「性格」によっておしゃれに求めるものは違います。 
例えば、 

・きちんとした格好がしたい
・コストパフォーマンス重視
・目立ちたい
・TPOが気になる
・周りから褒められたい…など

ファッションに対する「ポイント」「重視する点」は人それぞれで、
さらに重視するポイントの「度合」も違います。

そしてお洒落に悩んでいる人ほど、
おしゃれに何を求めているかを、言葉にするのが苦手な方が多いです。

   

②『おしゃれの度合い』

   

パーソナルスタイリングを受ける人って、
流行のファッションをしたい人ばっかりでしょ? 
って思いますか?

実は違うんです。

・最先端のおしゃれがしたい
・今よりちょっとおしゃれになりたい
・控えめでも素敵に見せたい
・できるだけ目立ちたくない…など

お客様も様々です。

自分がしっくりくる、気分良くいられる「おしゃれの度合」は
人によって違うし、じつはとっても重要なポイントでもあります。

※ちなみに私のお客様は
控えめなファッションを求められる傾向があります
参考まで。

   

③『おしゃれに対する行動』

   

「おしゃれに対する行動」とは、
洋服の買い方や管理の仕方、アドバイスを聞くかどうかなど。
例えば、

・いつも同じブランドの服を買う
・予算はきちんと決めている
・衝動買いが多い
・店員さんに勧められると断れない
・服が捨てられない…など

これらも性格によって人それぞれ違います。

人の内面については
体型や顔、パーソナルカラーなどの診断ではわかりません。

内面を理解してもらえないと真の求めるおしゃれにはたどり着けないから
「診断結果が腑に落ちない」結果、
「診断ジプシー」に陥ってしまうのです。

    

そこで私の診断では、
パーソナルカラー診断、体型診断、顔パーツ診断に加えて
内面を分析する、

『服装心理診断』

を必ず皆さんに受けていただいています。

「服装心理診断」とは?

  

おしゃれというのは「似合う」「似合わない」だけではなく
その人の「性格」にも大きく左右されます。

   

「服装心理診断」では性格を分析することでその人の

「被服行動」=ファッションに対する考え方や価値観

の傾向を導き出していきます。

   

質問に対して直感で◯、△、×で答えるだけなので
ファッションに関して言葉にするのが苦手な人でも
簡単に回答していただけます。

服装心理診断の結果で

     

自分でも気づきにくいファッションに対する考えや、
行動がわかります。

    

これを理解する事によって
本当にお客様が求めているるファッション
アドバイスする事が可能になるのです。

   

お客様の例

では、実際に服装心理診断の結果をもとに
どのようにアドバイスをしているか
ご紹介させていただきますね。

    

協調性が高くて控えめなタイプのお客様の場合 

こちらのお客様の場合は
いかにも今どきな流行りのものや目立つファッションには抵抗があるので
今までのファッションをベースに
『いまよりもうちょっと素敵に見える』コーディネートやアイテムをお勧めします。

そしてこのタイプのお客様は
スタイリストに勧められた物を『断る事が苦手』でもいらっしゃるので
強く勧めすぎず、一通り服を見て後から購入するものを決めていただきます。

  

「超」合理的なお客様の場合

こちらのお客様は、超が付くほど合理的。
お話してみると、
理論で理解して数字が大好きなタイプでしたので
コーディネートを実際に見せつつ、
・なぜこうしたら似合うのか理論で説明
・コーディネートは数を優先

させていただきました。


さらに…

この診断では被服行動だけでなく
お客様の性質もわかります。

診断結果が分かる前、
こちらのお客様とのメールのやり取りをしていたら、
お客様からのメールの文面がなんだかそっけないような気が…?

私は、『なにか失礼なことをしてしまったかな?』と気にしていたのですが

服装心理診断を受けていただくと実は
超超『合理的』なタイプのお客様と判明!

メールでは余計な事は一切書かないことも納得!

『怒ってない~!』と一安心です。

 

まとめ

  

このように服装心理診断を受けると

「被服行動」がわかるだけでなく
お客様に合った説明の仕方などにも反映させることが出来、

よりお客様が納得、そして理解できるので

結果、
「本当に自分が求めるファッション」にたどり着けるのです。

   

もし、

いろいろな診断を受けても納得がいかず
「診断ジプシー」沼から抜け出せないなら

「服装心理診断」を受けてみませんか?

診断沼から抜け出せるかもしれませんよ!

    

     

※「服装心理診断」は(社)日本服装心理学協会の著作物です。

***************

東京だけでなく

千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県へもお伺いしています。

(可能なエリアかどうかはお問い合わせください)

【パーソナルスタイリングの各コース詳細、ご依頼はこちら】

it's so you styling
本来の『あなたらしさ』を見つけるパーソナルスタイリスト 河野さおり

 

【河野さおりのアメブロ最新記事はこちら】

『あなたらしい!』スタイルを見つける〜it's so you styling〜
saoriさんのブログです。最近の記事は「パーソナルカラーの2つの落とし穴。【ベストカラーを出さないワケ】(画像あり)」です。

 

【お問合せ、ご質問、お申し込みはこちらのメールフォームから】

メールフォーム
こちらからメッセージをお送りください。

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました