パーソナルスタイリストのさおりです。

"似合うものは理解しても
服を手にしてみるとどうやって組み合わせたり着こなしたらいいのか結局わからない"

"自分でスタイリングしてみても
それが正解なのか、おしゃれなのか判断できない、判断する自信が無い"

"服はたくさんあるけれど、自分で組み合わせを考えるのが面倒。
代わりにスタイリングを考えて欲しい。
着るもので毎朝悩みたくない"

外見診断を受けてみたけれどおしゃれの悩みが無くならない。

似合うこと以上に、ファッションに求めている要素がある気がする。

コーディネートに自信が無い。

こんなお悩みはありませんか?

it's so you stylingでは、
服装心理診断とカウンセリングを元に
内面が求めている要素、好きなもの、似合うものなどのバランスを整えながら
心地よく生きていけるワードローブとスタイリングをご提案します。

【体型診断】 A型タイプの特徴と似合うスタイリングは?

体型診断

前回ブログ
↓↓↓

V型 腰幅よりも肩幅が広い、逆三角形のヘルシー体型

の続きです。

体型診断の4タイプ別の似合う アイテムや素材、コーディネートのコツなどを
ご紹介していきたいと思います。

    

体型診断とは

「体型診断」では
計測と計算によって数値を導きだし、
体型をアルファベットのかたちに倣わして4つのタイプに分類します。

分類するのはこの4タイプ

X型 ウエストがくびれた、メリハリのあるグラマラス体型

V型 腰幅よりも肩幅が広い、逆三角形のヘルシー体型

A型 下半身に比べ上半身が細い、三角形の女性らしい体型

I型 体の凹凸の少ない中性的な体型

今回は3つ目の
A型タイプをご紹介します。

【A型タイプ】の特徴

   

上半身に比べて下半身が大きい三角形のシルエット。

ウエストから下にボリュームがあり、顔回りが華奢な体型。

    

芸能人で言うと高島礼子さんや松田聖子さん、沢尻エリカさんなどが

A型にあてはまります。

全体的に丸みがあり、女性らしい印象です

  

A型の似合うアイテムは?

・ハイネックやクルーネックなど、 首が詰まったものや丸首のトップス

・ボウタイやフリルなど、 首回りにデザインやボリュームのあるトップス

・ストールなどの巻物

・ハイウエストのボトム

・Aラインのボトム

・タックパンツ、テーパードパンツ

・丈の短いトップス など。

    

華奢な上半身を補うようなデザインがお勧めです。

   

A型の似合う素材は?

・シフォン

・ジョーゼット
など透ける素材、薄い素材。

・モヘア、ファー、レーヨン

など柔らかい質感の素材などが得意です。

   

A型の 「コーディネートのコツ」は?

•首元を寂しくしない。
(首の開いたトップスの時は 短めのネックレスやストールを巻くなどで ボリュームをコントロールする)

•足首を見せる
(デニムはフルレングスではなく ロールアップしましょ!!)

•タイトなボトムは避ける
•高い位置に目立つアイテムをもってくる。
(ターバンなどのヘアアクセや帽子など)

•ウエスト位置を高めにする。
などなど。

  

今回もちょっとしたことですが、
上半身のボリューム不足&重心が下がりがちな A型タイプさんが
バランスよくすっきり見せたい時は、上記のどれかを試してみてくださいね。

   

着こなしの例

ブラウジングして見えるワンピースも◯

胸元が開いているので

高い位置にコサージュがついたパールネックレスを合わせて

ボリュームをカバーすると◎。

   

タックパンツ&足首見せ。

ふんわりトップス、丸首ジャケットもA型さんはお似合いです。

   

似合うアイテムや素材ももちろん大事ですが
私がお客様をコーディネートする上で
いちばん気をつけているのが
「全体的なバランスがよく見えること」です。

   

体型診断を受けると体型別の『バランスよく見えるコツ』がわかります。

    

全体的なバランスがよく見えるとスタイルがよく見えるし、
おしゃれに見えますよ!

   

※ 体型診断は㈱フォースタイルの著作物です。

 

***************

*メルマガ配信中
ブログ記事やモニター募集などはこちらから配信しておりますので、是非ご登録くださいね!
登録フォームはこちら

 

【お問合せ、ご質問、お申し込みはこちらから】

★メールフォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S77539889/

★LINE公式アカウントはこちら
↓ ↓ ↓
https://lin.ee/1lW7aaOHe

お得なクーポン最新ブログ記事のお知らせ・モニター募集などもこちらから配信しております
コースお申込み、お問合せ、質問やご感想などもLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ

 

※「服装心理診断」は(社)日本服装心理学協会の著作物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました